第50回記念合唱祭

  • 2013-06-26

  • ニョロニョロです。

    23日の日曜日、兵庫県芸術文化センター・KOBELCO大ホールで合唱祭がありました。
    今回は50回記念ということで、全てのステージで合同演奏をするという珍しい形式となりました。神グリもそのうちの一般男声合同ステージに出演し、多田武彦氏の「富士山」を演奏しました。
    200人以上がステージ上で鮨詰めになりながら歌った富士山は、その音圧で雄大な富士の情景をより一層の臨場感をもって余すところなく再現していたのではないかと思います。とても素晴らしい経験になりました。

    富士山といえば、その前日に世界文化遺産への登録が決定したというニュースがありました。まるでこのタイミングを見計らったかのようです。おめでたい事は重なるものですね。ちなみに男声合同の指揮を振られた広瀬康夫先生はこのことを見越して選曲されたそうです(笑)。

    客席は立ち見が出るほど超満員で、大変な盛況ぶりでした。歌の周りにこれだけの人が集まるとは、改めて合唱の持つ力の大きさを感じさせられました。

    また、神グリは今回で合唱祭に5回連続出場したので、そのことで表彰を受けました。今年は色々と節目の年です。次の節目に向かって、日々精進を重ねていきたいと思います。


    それでは、また。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    神グリの中の人

    Author:神グリの中の人
    団内外の行事から日常まで

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    RSSリンクの表示
    検索フォーム
    QRコード
    QRコード
    Piano
    メールフォーム(ご意見・ご感想等)

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: